CLCL

Japanese / English
はじめに

CLCL(クルクル)は、クリップボードの履歴を取るソフトです。

  • 複数のクリップボード形式に対応
  • よく使う定型文などを階層化して登録可能
  • ホットキーで表示するメニューを自由にカスタマイズ
  • メニューで選択した履歴や登録アイテムを編集中のエディタに自動貼り付け
  • メニューにビットマップを縮小表示
  • メニューにツールチップを表示
  • 履歴に残す形式や保存する形式を設定可能
  • 履歴を取るウィンドウ、取らないウィンドウを設定可能
  • ウィンドウ毎の貼り付けキーを設定可能
  • 履歴は終了時に自動保存され、次回起動時に復元
  • 履歴に残す最大件数の制限は無し
  • エクスプローラ風のビューアで履歴や登録アイテムを表示・編集
  • プラグインを追加することで機能を拡張
  • Unicode対応
  • フリーソフトウェア

    動作画面

ダウンロード

CLCL Ver 2.1.1 (2019/12/17)

※CLCLのプラグインは「CLCL Ver 2.0.0」以上に対応したものを使ってください。

Windows XP, Vista, 7, 8, 8.1, 10 で動作します。

CLCLを実行するとタスクトレイ(タスクバー隅の時計がある領域)にクリップのアイコンが表示されます。 このタスクトレイのアイコンをクリックするとクリップボードの履歴メニューが表示されます。

インストーラを利用してインストールした場合はコントロールパネルからアンインストールを実施してください。
アンインストールはCLCLを終了してから実施してください。

最新情報はTwitterで発信しています。

使用条件

  • 許可無く営利目的での使用は禁止です。
    [許可が必要無い例]
    • 個人での利用
    • ビジネスシーンでの利用(いわゆる商用利用)
    • 雑誌への掲載、雑誌に付録するCDやDVDへの収録
    [許可が必要な例]
    • パソコンや機器に本ソフトウェアをインストール済みで販売する
  • 無料での再配布は自由にして頂いて構いません。
  • 改造は自由にして頂いて構いませんが、著作権の放棄はしていないため元の著作権を表示してください。

変更履歴

Ver 2.1.0 -> Ver 2.1.1

  • ファイル形式でファイル名とファイルパスのコピー機能を追加した。
  • 設定やデータをCLCL.exeと同じ場所に置ける設定を追加した。

Ver 2.0.3 -> Ver 2.1.0

  • 高DPIに対応した。
  • 画像形式(BITMAP, DIB)のファイル保存でPNGとJPEGに対応した。
  • 画像形式(BITMAP, DIB)の表示で拡大・縮小できるようにした。
    →Ctrlを押しながらマウスホイールするか、Ctrl+↑↓で拡大率を変更。
  • バイナリを日本語版と英語版で分けないようにした。
  • 設定保存場所をユーザ毎の領域に保存するように変更した。
    →Windows 10の場合「C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\CLCL」
    ※初回起動時に自動的に移行します

プラグイン
  • ツール
    • tool_text Ver 0.0.3 (2015/09/05)
      • 日時変換
      • 小文字に変換、大文字に変換
      • 引用、引用解除
      • テキスト整形
      • テキストの挟み込み
      • 改行の除去
      • テキストの連結
      • テキスト編集
    • tool_bitmap Ver 0.0.2 (2015/09/05)
      • ビットマップ編集
    • tool_utl Ver 0.0.3 (2015/09/05)
      • 履歴のクリア
      • クリップボードのクリア
      • 音を鳴らす
      • 最前面に表示、最前面に表示の解除
      • 複数アイテムの保存
    • tool_history Ver 0.0.2 (2015/09/05)
      • 履歴の階層管理
    • tool_find Ver 0.0.2 (2015/09/05)
      • テキスト履歴から文字列を検索
  • 形式
    • fmt_RPA Ver 0.0.1 (2019/12/16)
      • RPAツール用のフォーマット
      • 現在対応しているRPAツールは以下
        • UiPath

nakka.com
Copyright © 1996-2019 by Ohno Tomoaki.
All rights reserved.